CloudCore VPSの最初の一歩

KDDIのVPSサービスであるCloudCore VPSに申し込んだので、とりあえず設定を行う。
基本的には、さくらのVPS 512と同じように、まずはセキュリティの強化からである。
もちろん、ssh用のポート番号も同様に変更する。

rootのパスワード変更後、通常のユーザアカウントおよびグループを作成。
その後、iptablesの設定である。

ところが、CloudCore VPSにはiptablesがない。
このため、yumによりiptalesをインストール。

# which iptables
iptables: コマンドが見つかりません
# yum install iptables
# vi /etc/sysconfig/iptables

iptablesの設定はさくらのVPS 512で設定したものと同じで設定。
iptablesを適用後、自動起動するようにchkconfigでセット。

# /etc/rc.d/init.d/iptables start
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter                   [  OK  ]
iptables モジュールを取り外し中                            [  OK  ]
iptables ファイアウォールルールを適用中:                   [  OK  ]

# chkconfig iptables on
# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

最終的な設定状況はこんな感じ。

# iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination
RH-Firewall-1-INPUT  all  --  anywhere             anywhere

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination
RH-Firewall-1-INPUT  all  --  anywhere             anywhere

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain RH-Firewall-1-INPUT (2 references)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere
ACCEPT     icmp --  anywhere             anywhere            icmp any
ACCEPT     esp  --  anywhere             anywhere
ACCEPT     ah   --  anywhere             anywhere
ACCEPT     udp  --  anywhere             224.0.0.251         udp dpt:mdns
ACCEPT     udp  --  anywhere             anywhere            udp dpt:ipp
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:ipp
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere            state RELATED,ESTABLISHED
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:XXXXX
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:http
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:ftp-data
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:ftp
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:https
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:mysql
REJECT     all  --  anywhere             anywhere            reject-with icmp-host-prohibited

とりあえずのセキュリティが行えたところで、必要なパッケージをインストール。
インストールしたのは、マニュアル、sudo、gcc-4.6.2、Ruby-1.8.7、RubyGems-1.8.12.

# yum update
# yum install man man-page
# yum install sudo
# yum -y install man man-pages-ja

gcc-4.6.2は以下の手順でインストール。
作業は全てrootで実施。
まずは準備と必要なパッケージをインストール。

# sudo yum install gcc gcc-c++ m4 glibc-devel zip bzip2
# mkdir /tmp/work

続いてgmpのインストール。
gmpってGNU Multiple Precision libraryの略で、任意精度計算ライブラリの一つ。

# cd /tmp/work
# wget ftp://ftp.gmplib.org/pub/gmp-5.0.2/gmp-5.0.2.tar.bz2
# tar jxf gmp-5.0.2.tar.bz2
# cd gmp-5.0.2
# ./configure --prefix=/usr --enable-cxx
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

続いてmpfrのインストール。
mpfrはMultiple. Precision Floating-Point Reliable Libraryの略で、高品質多倍長浮動小数点ライブラリってやつです。

# cd /tmp/work
# wget http://www.mpfr.org/mpfr-current/mpfr-3.1.0.tar.bz2
# tar jxf mpfr-3.1.0.tar.bz2
# cd mpfr-3.1.0
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

さらにmpcのインストール。
mpcはMultiple Precision Complex Libraryの略で、複素数ライブラリです。

# cd /tmp/work
# wget http://www.multiprecision.org/mpc/download/mpc-0.9.tar.gz
# tar zxf mpc-0.9.tar.gz
# cd mpc-0.9
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr --with-mpfr=/usr
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

そしてgcc-4.6.2のインストール。

# cd /tmp/work
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/gcc/gcc-4.6.2/gcc-4.6.2.tar.bz2
# tar jxf gcc-4.6.2.tar.bz2
# cd gcc-4.6.2
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr --with-mpfr=/usr --with-mpc=/usr --program-suffix=-4.6
# make bootstrap
# make install

make bootstrapはえらく時間がかかる。
実はmakeをやっている最中、作業しているマシンがハングしてしまい、作業がkillされてしまうという事態に陥った。
このため、再度makeする際にはバックグラウンドでmakeすることにした。(笑)

# cd /bin
# mv gcc gcc-...
# ln -s gcc-4.6 gcc

ということで、gccのインストールが終了。
続いて、RubyとRubyGemsのインストール。

# yum install zlib-devel
# cd /tmp/work
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# tar zxf ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p72
# ./configure --prefix=/usr/local/ruby187
# make
# make install
# cd /tmp/work
# wget http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-1.8.12.tgz
# tar zxf rubygems-1.8.12.tgz
# cd rubygems-1.8.12
# /usr/local/ruby187/bin/ruby setup.rb
# gem update --system

さくらのVPS 512で、はまったのが嘘のように、あっさりインストールできた。



この記事へのトラックバック

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*

★ロリポップ!★WordPressやMovableTypeの簡単インストール、cron、共有SSL対応!


Blue Taste Theme created by Jabox