Archive

For 5月, 2011

Pogoplugにsambaをセットアップ

No Comments

先日、PogoplugにOpenPogoをインストールした。

もともとの目的はPogoplugにsambaをインストールして使い勝手をよくすることである。
ということで、先日の続き。

まず、PogoplugにSSHでログインして、ipkgのアップデートから始める。
ipkgのリポジトリを修正しないとアップデートできないので、まずそれを実施。
/opt/etc/ipkg/armel-feed.conf内の情報を以下のように修正。

#src cross http://openpogo.com/repo ←コメントアウト
src cross http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable

アップデートしてみる。

# mount -o rw,remount /
# ipkg update
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages
wget: unrecognized option '--passive-ftp'
BusyBox v1.16.1 (2010-12-01 15:27:23 PST) multi-call binary.

Usage: wget [-csq] [-O file] [-Y on/off] [-P DIR] [-U agent] url

An error ocurred, return value: 1.
Collected errors:
ipkg_download: ERROR: Command failed with return value 1: `wget --passive-ftp   -q -P /opt/ipkg-CwEuDu http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages'

ありゃりゃ、エラーだ。ちょっとググってみると、wgetがダメダメらしいからと書いてある。
ダメダメと言われてもアップデートできないと為す術がないので以下のようにwget.shを作成した。

#!/bin/sh
arg=`echo $* | sed -e 's/--passive-ftp//g'`
/bin/busybox wget $arg

これを既存のwgetにラッピングする。

# cd /usr/bin/
# mv -i wget wget.busybox
# ln -s wget.sh wget
# ls -al /usr/bin/wget*
lrwxrwxrwx    1 root     root             7 May 25 15:49 /usr/bin/wget -> wget.sh
lrwxrwxrwx    1 root     root            12 Dec  1 23:29 /usr/bin/wget.busybox -> /bin/busybox
-rwxr-xr-x    1 root     root            77 May 25 15:49 /usr/bin/wget.sh

これでipkg updateできるようになった。

# ipkg update
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages
Updated list of available packages in /opt/lib/ipkg/lists/cross
Successfully terminated.

そして目的のsambaをインストール。

# ipkg install samba35 samba35-swat
Installing samba35 (3.5.8-2) to root...
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/samba35_3.5.8-2_arm.ipk
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
Successfully terminated.

/opt/etc/samba/smb.confが存在しなかったので、下記で作成。

[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = POGOPLUG
netbios name = POGOPLUG
security = shareload
printers = noguest
account = root
null passwords = Yes
dns proxy = nodos
charset = CP932
unix charset = UTF8
display charset = UTF8
socket options = TCP_NODELAY IPTOS_LOWDELAY SO_KEEPALIVE SO_RCVBUF=131072 SO_SNDBUF=131072 SO_KEEPALIVE
cups options = raw

[cap-share]
vfs objects = cap

[POGOPLUG]
path = /tmp/.cemnt/mnt_sdb1/
read only = no
public = yes
writable = yes
force create mode = 0666
force directory mode = 0777
guest ok = yes

ということで、早速起動!

# /opt/etc/init.d/S08samba start
Starting nmbd:
/opt/sbin/nmbd: error while loading shared libraries: libnsl.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
Starting smbd:
/opt/sbin/smbd: error while loading shared libraries: libnsl.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

がーん!起動しないぞっ!libnslのインストールが必要ということでインストール。

# ipkg install libnsl
Installing libnsl (2.5-4) to root...
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/libnsl_2.5-4_arm.ipk
Configuring libnsl
Successfully terminated.

インストールも無事に終了し、再度起動を試みる。

# /opt/etc/init.d/S08samba start
Starting nmbd:
Starting smbd:

無事に起動!
あとはPogoplug再起動時にsambaが自動起動するように/etc/init.d/rcSの最後尾に以下を追加。

/opt/etc/init.d/S08samba start

ということで、Windowsからアクセスできるか確かめてみる。

エクスプローラーからPogoplugのディスクへアクセス

おーっ!ばっちり!ということで、これでNASとしてのバックアップが行い易くなったということで、ひとまずの目的は完了。
ちなみに、swatを使おうと思ったらinet.dなんかも入れて設定しないといけないので、それはまた余裕ができたらやるということで。

Wikipedia Dumpデータの更新(5月22日版)

No Comments

先日、WikipediaのDumpデータを更新したばかりなのだが、またアップデートされていた。

dumpデータの更新チェックツールでも作っておくか、と思っていたら、その思っている間に更新されてしまうとは何ともマヌケな話である。
ということで、やっぱり手動更新なのである。

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   8489536   8792592  50% /

# wget http://dumps.wikimedia.org/jawiki/latest/jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2
# ls -al jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2
-rw-r--r-- 1 root root 1386466624 May 23 01:15 jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   9844836   7437292  57% /

# bzip2 -dc jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2 | sed -e 's/<redirect \/>//' | xml2sql
# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732  15122916   2159212  88% /

# ls -al *txt
-rw-r--r-- 1 root root  130133209 May 27 06:58 page.txt
-rw-r--r-- 1 root root  158812180 May 27 06:58 revision.txt
-rw-r--r-- 1 root root 5110502082 May 27 06:58 text.txt

# \rm jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2
# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732  13767616   3514512  80% /

で、最終的に以下のように更新された。

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   8516936   8765192  50% /

mysql> select page_id, page_title from page where 1 limit 1480574,10;
+---------+-------------------------------------------------------------------+
| page_id | page_title                                                        |
+---------+-------------------------------------------------------------------+
| 2358548 | 諸言語版の秀逸な記事/フランス語版/日常・余暇                      |
| 2358549 | 諸言語版の秀逸な記事/フランス語版/全て                            |
| 2358551 | AFCアジアカップ2011_バーレーン代表                                |
| 2358552 | CRAZY-ISM_クレイジズム                                            |
| 2358553 | 孤立死                                                            |
| 2358555 | オートルート_A11                                                  |
| 2358556 | サッカーマケドニア代表歴代監督                                    |
| 2358557 | 山本守礼                                                          |
| 2358558 | 南米年間最優秀監督賞                                              |
| 2358559 | 岩崎藩主                                                          |
+---------+-------------------------------------------------------------------+
10 rows in set (0.00 sec)

PogoplugにOpenPogoをインストールする

No Comments

Pogoplugを先日購入していろいろ調べてみると、Pogoplugに接続しているHDDにファイルをコピーするのは毎度サーバ経由になるらしく、転送が遅いとの情報を得た。

このため、Pogoplugにsambaの導入を決意するが、そのためにはOpenPogoをインストールしておく必要があるらしい。
ということで、まずはOpenPogoのインストールにチャレンジ。

あちこちのサイトにOpenPogoのインストール方法が出ているので、それにならうことにする。
USBメモリを使うのだが、できれば前面のところに極小のUSBメモリを挿しっぱなしにするのがよいと考えてELECOMの超ミニUSBメモリ MF-SU202GBKを入手。

これを利用して、チャレンジを開始したが、どうにもこうにもOpenPogoがMF-SU202GBKを認識したり、しなかったりで安定しない。

特に、MF-SU202GBKをLinuxファイルシステムとして構築したあとは全く認識してくれないという始末。
このため、MF-SU202GBKを使うのは泣く泣く諦めた。

それでも極小にこだわりたいため、今度はBUFFALOのRUF2-PS2GS-RDを入手。
こちらはELECOM製とは異なり、どの段階でもどのフォーマットのファイルシステムでも問題なく認識してくれた。

これでやっと次のステップに進むことができるのである。
OpenPogoインストールまでの手順を記載しておく。

Continue reading this entry »

Wikipedia Dumpデータの更新(5月7日版)

No Comments

またまた、Wikipediaのdumpデータが更新された。

最近は結構頻繁に更新される感じ。
そろそろ、dumpデータのチェックツールでも作っておくかな。

ということで、まずは最新版にアップデート。
アップデート方法は過去に何回が書いているので、今回はディスク容量とデータのチェックのみ。

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   8476172   8805956  50% /

# wget http://dumps.wikimedia.org/jawiki/latest/jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2

# ls -al jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2
-rw-r--r-- 1 root root 1379332326 May  8 12:17 jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   9824508   7457620  57% /

# bzip2 -dc jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2 | sed -e 's/<redirect \/>//' | xml2sql

# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732  15075456   2206672  88% /

# ls -al *txt
-rw-r--r-- 1 root root  129708899 May 15 10:35 page.txt
-rw-r--r-- 1 root root  158224837 May 15 10:35 revision.txt
-rw-r--r-- 1 root root 5083740396 May 15 10:35 text.txt

どうもディスクの使用量をみると、更新のたびに1%ずつ使用量がアップしていっている感じ。
なので、そのうち厳しくなるかも。


# df -k
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   8512596   8769532  50% /

mysql> select page_id, page_title from page where 1 limit 1475926,10;
+---------+-----------------------------------------------+
| page_id | page_title                                    |
+---------+-----------------------------------------------+
| 2349930 | 土木工学知識体系                              |
| 2349931 | ガブロンツ・アン・デア・ナイセ                |
| 2349932 | ハン・チャン                                  |
| 2349933 | ザ・ダークナイト・ライジズ                    |
| 2349934 | 概念体系(オントロジ)                        |
| 2349935 | 日本手話通訳士協会                            |
| 2349936 | レッスルマニアVII                             |
| 2349937 | NHKの緊急放送チャイム                         |
| 2349938 | 緊急放送チャイム                              |
| 2349939 | ホタテーズ                                    |
+---------+-----------------------------------------------+
10 rows in set (0.52 sec)

Pogoplug を購入

No Comments

NASにするか、NASもどきにするか悩んでいたが、最近ちょっと流行のPogoplugを使ったNASもどきにすることにした。

というのも、USB接続HDDを最大4台接続できるので、増設を考えると便利かと思ってのことである。
あとPogoplugを使ってパーソナルクラウドをやってみたいということもある。

Pogoplug

Pogoplug



問題は最初に接続すべきHDDがないということ。
そういえば、古いHDDをケースに入れてUSB接続できるようにしていたのでそれを使えばいいのか。

あと、PS3から引っこ抜いた60GBもあるなぁ。
とりあえずその辺のものを再フォーマットして、接続してみるのも手か。

ともあれ、何はさておきやってみるに限るのである。

余っていたHDDケースとHDDを久しぶりにPCに接続してみたら、なんとこのHDDは120GBだった。
まぁ、モノは試しということなので、120GBでも充分である。

とはいうものの、まずはフォーマットである。
クイックではなく、普通にフォーマットをかけたので、結構時間を喰ってしまった。
お風呂に入ってしばらくしたらフォーマットが終了した。

早速、PogoplugをマニュアルというかWebに書かれている通り接続し、稼働を開始。
するとどうだ、本当にあっさり接続できた。

Pogoplug activation

Pogoplug activation



あとはいろいろ使ったり、HACKしてみたりしてみよう。
とはいえ、もともとの目的のバックアップがあるので、やっぱりHDDは買わないとダメそうだが、Pogoplugを購入したので、USB接続HDDで充分である。



Blue Taste Theme created by Jabox