Archive

バッテリーが心配なMacBook Airのため、HyperJuiceを注文

No Comments

モバイルPCとしてはデザインや重さ、起動スピードなど文句のつけようがないMacBook Airだが、唯一ダメだ、と思う点がバッテリーである。

ということで、HyperJuiceを購入する決意をした。
国内ではact2UNIPOSで販売しているようだが、一番安いMBP-060でも約2万円する。
UNIPOSだと約3万円だ。
もっとも、UNIPOSで購入するとMagSafeのCharging Cableがついているので、その分が高くなっている。

仮にact2で購入した場合、別途Apple MagSafe Airline 電源アダプタが必要になるので価格的にはそれほど大きな差はでない。
しかし、Apple MagSafe AirlineよりもCharging Cableの方がいいだろう。

あれこれ考えた末、自分はHyperShopで購入することにした。
というのも、円高の要因もあり、送料を足してもかなり割安になるのだ。

購入に際しては、Design × Lifehack × CrossOver Labを参考にさせて頂いて申し込み。

ちなみに、今回私が注文したのは以下の2つ。

  • MBP-060
  • MagicBox
配送はFedEx Ecomonyを選択し、最終的な合計金額は$257.07となった。
だいたい日本円で2万円位だ。
どう考えても、日本でMBP-060とMagicBoxを買うより安い。

とはいえ、注文はしたので、あとは到着を待つだけである。

 

MacBook Airはバッテリーがもたない

No Comments

7月にMacBook Airを仕入れて使っているがSSDのせいか、サクサク動いてくれて非常にいい感じ。
スタイリッシュだし、重さも軽いし、デザインもグッド。

いいことづくめのような感じだが、使っていると不満点もでてくる。
モバイルということもあるので、妥協できる点はあるが、唯一不満なのはバッテリーの持ちである。

MacBook Airはモバイルを想定しているにも関わらず、バッテリーの持ちが非常に短い。
特に、私の保有しているMacBook Air 11インチは実利用で5時間持てばいい方である。

モバイルを唱っている割にこの時間はちょっと頼りない。
やっぱりもう少しバッテリーの持ちに余裕が欲しいところである。

なので、必然的に外部バッテリーを入手しようかと検討している。
ここで考えられるのはやっぱりHyper Juiceなるバッテリーであろう。

Hyper Juiceを入手すべく、ちょっと検討してみようかと思う。

MacBook Airの発送メールがきた

No Comments

先日ポチっていた新型MacBook Airだが、Appleから以下のようなメールが届いた。

先日「ご注文成立のお知らせ」のメールにてご案内致しました「MBAIR 11.6/1.6/4/128FLASH-JPN」でございますが、予想を上回る需要により誠に恐れ入りますが、この度のご注文を、弊社海外工場にて出荷のお手続きにきりかえさせていただきますことをご案内申し上げます。

ということで、実は新型のMacBook Airを入手したい方はApple Storeの店舗か、取り扱いを行っている家電量販店に行くべきだろう。

すぐに欲しいという気持ちは私自身もあるのだが、他にもやることがあるので、のんびり待つことにした。
と、言っているそばから、MacBook Airの発送メールが届いたのである。

結局、昨年購入したiPod touch同様、今回のMacBook Airも海外からの発送になってしまった。

 

ということで、MacBook Airポチりました

No Comments

新しい、さらに速いMacBook Air

新しい、さらに速いMacBook Air



ずっと待ち続けていたMacBook Airがここのところ肩透かしを喰らいながらも、やっと発表された。

ということで、もう我慢ならん!ということで即ポチりました。
ポチったのは11インチの上位モデル。

Core2DuoのMacBook Airでも評判はよかったので、カスタマイズはなし、でよいかと判断。
24時間以内出荷ということなので、今週末には手元に届いているはずだ。

ということで、今から楽しみである。

もういい加減にMacBook Airを出してもいいんじゃね?

No Comments

噂で出る、出ると言って、またもや肩すかしをくらったMacBook Airの発売だが、またさらに報道が流れた。

新「MacBook Air」、ストレージ構成を変更して来週登場か–米報道

AppleInsiderは米国時間7月14日、Concord SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏からの情報に基づき、Appleが新しい「MacBook Air」のRAM容量を2Gバイトから4Gバイトへ増強する予定だと伝えた。その理由の1つは「『Mac OS X Lion』のパフォーマンスを向上させるため」だという。また、Kuo氏によれば、Appleはストレージ構成をシンプルにするため、11.6インチモデルの64Gバイトを128Gバイトに置き換えるという。

cnet Japan

みんな心待ちにしているんだなぁ、と...。
しかし、こんなにみんな待っているということは発売されると在庫切れになること必至だな。



Blue Taste Theme created by Jabox