Archive

Pogoplugにsambaをセットアップ

No Comments

先日、PogoplugにOpenPogoをインストールした。

もともとの目的はPogoplugにsambaをインストールして使い勝手をよくすることである。
ということで、先日の続き。

まず、PogoplugにSSHでログインして、ipkgのアップデートから始める。
ipkgのリポジトリを修正しないとアップデートできないので、まずそれを実施。
/opt/etc/ipkg/armel-feed.conf内の情報を以下のように修正。

#src cross http://openpogo.com/repo ←コメントアウト
src cross http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable

アップデートしてみる。

# mount -o rw,remount /
# ipkg update
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages
wget: unrecognized option '--passive-ftp'
BusyBox v1.16.1 (2010-12-01 15:27:23 PST) multi-call binary.

Usage: wget [-csq] [-O file] [-Y on/off] [-P DIR] [-U agent] url

An error ocurred, return value: 1.
Collected errors:
ipkg_download: ERROR: Command failed with return value 1: `wget --passive-ftp   -q -P /opt/ipkg-CwEuDu http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages'

ありゃりゃ、エラーだ。ちょっとググってみると、wgetがダメダメらしいからと書いてある。
ダメダメと言われてもアップデートできないと為す術がないので以下のようにwget.shを作成した。

#!/bin/sh
arg=`echo $* | sed -e 's/--passive-ftp//g'`
/bin/busybox wget $arg

これを既存のwgetにラッピングする。

# cd /usr/bin/
# mv -i wget wget.busybox
# ln -s wget.sh wget
# ls -al /usr/bin/wget*
lrwxrwxrwx    1 root     root             7 May 25 15:49 /usr/bin/wget -> wget.sh
lrwxrwxrwx    1 root     root            12 Dec  1 23:29 /usr/bin/wget.busybox -> /bin/busybox
-rwxr-xr-x    1 root     root            77 May 25 15:49 /usr/bin/wget.sh

これでipkg updateできるようになった。

# ipkg update
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/Packages
Updated list of available packages in /opt/lib/ipkg/lists/cross
Successfully terminated.

そして目的のsambaをインストール。

# ipkg install samba35 samba35-swat
Installing samba35 (3.5.8-2) to root...
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/samba35_3.5.8-2_arm.ipk
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
Successfully terminated.

/opt/etc/samba/smb.confが存在しなかったので、下記で作成。

[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = POGOPLUG
netbios name = POGOPLUG
security = shareload
printers = noguest
account = root
null passwords = Yes
dns proxy = nodos
charset = CP932
unix charset = UTF8
display charset = UTF8
socket options = TCP_NODELAY IPTOS_LOWDELAY SO_KEEPALIVE SO_RCVBUF=131072 SO_SNDBUF=131072 SO_KEEPALIVE
cups options = raw

[cap-share]
vfs objects = cap

[POGOPLUG]
path = /tmp/.cemnt/mnt_sdb1/
read only = no
public = yes
writable = yes
force create mode = 0666
force directory mode = 0777
guest ok = yes

ということで、早速起動!

# /opt/etc/init.d/S08samba start
Starting nmbd:
/opt/sbin/nmbd: error while loading shared libraries: libnsl.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
Starting smbd:
/opt/sbin/smbd: error while loading shared libraries: libnsl.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

がーん!起動しないぞっ!libnslのインストールが必要ということでインストール。

# ipkg install libnsl
Installing libnsl (2.5-4) to root...
Downloading http://ipkg.nslu2-linux.org/feeds/optware/cs08q1armel/cross/stable/libnsl_2.5-4_arm.ipk
Configuring libnsl
Successfully terminated.

インストールも無事に終了し、再度起動を試みる。

# /opt/etc/init.d/S08samba start
Starting nmbd:
Starting smbd:

無事に起動!
あとはPogoplug再起動時にsambaが自動起動するように/etc/init.d/rcSの最後尾に以下を追加。

/opt/etc/init.d/S08samba start

ということで、Windowsからアクセスできるか確かめてみる。

エクスプローラーからPogoplugのディスクへアクセス

おーっ!ばっちり!ということで、これでNASとしてのバックアップが行い易くなったということで、ひとまずの目的は完了。
ちなみに、swatを使おうと思ったらinet.dなんかも入れて設定しないといけないので、それはまた余裕ができたらやるということで。

Pogoplug を購入

No Comments

NASにするか、NASもどきにするか悩んでいたが、最近ちょっと流行のPogoplugを使ったNASもどきにすることにした。

というのも、USB接続HDDを最大4台接続できるので、増設を考えると便利かと思ってのことである。
あとPogoplugを使ってパーソナルクラウドをやってみたいということもある。

Pogoplug

Pogoplug



問題は最初に接続すべきHDDがないということ。
そういえば、古いHDDをケースに入れてUSB接続できるようにしていたのでそれを使えばいいのか。

あと、PS3から引っこ抜いた60GBもあるなぁ。
とりあえずその辺のものを再フォーマットして、接続してみるのも手か。

ともあれ、何はさておきやってみるに限るのである。

余っていたHDDケースとHDDを久しぶりにPCに接続してみたら、なんとこのHDDは120GBだった。
まぁ、モノは試しということなので、120GBでも充分である。

とはいうものの、まずはフォーマットである。
クイックではなく、普通にフォーマットをかけたので、結構時間を喰ってしまった。
お風呂に入ってしばらくしたらフォーマットが終了した。

早速、PogoplugをマニュアルというかWebに書かれている通り接続し、稼働を開始。
するとどうだ、本当にあっさり接続できた。

Pogoplug activation

Pogoplug activation



あとはいろいろ使ったり、HACKしてみたりしてみよう。
とはいえ、もともとの目的のバックアップがあるので、やっぱりHDDは買わないとダメそうだが、Pogoplugを購入したので、USB接続HDDで充分である。

そろそろNASのディスクも一杯

No Comments

Pogoplug
2005年に160GBのNAS(IO-data HDL-160U LANDISK)を買った。
もうすでに6年が経過している。

その後、512MB x 2 のNAS(HDL2-G1.0)を導入し、RAID 1でミラーを行っている。
ここにデジカメで撮影した画像や動画などを突っ込んでいるが、さらにここから160GBのNASにもバックアップを取っている。

つまり、ミラー+別HDDというバックアップ体制だ。
とはいえ、最近デジカメで撮影すると、もれなくRAW画像も一緒にしているため容量がハンパじゃない。

そういうわけで、バックアップとして利用している160GBのNASが残り30GB程度になってきた。
2005年購入だし、残容量も少ないので、そろそろディスクの追加時かもしれない。

ということで、現在ディスクを物色中なのである。

NAS、USB接続HDD、それともUSB接続HDD+PogoplugでNASもどきがいいのか。
まぁ、マシンが複数台あるので、やっぱりNASかNASもどきだろうなぁ。

早めに決めて増設したいところである。

  • 楽天市場でPogoplugを購入する


  • Blue Taste Theme created by Jabox