Archive

最近のServersMan@VPSはどうよ?

No Comments

私が使用しているVPSは「さくらのVPS」だが、当初契約する前は「ServersMan@VPS」と結構悩んだ。
しかし、最終的にはswapのアリ・ナシで「さくらのVPS」に決めた。

その悩んだVPSの「ServersMan@VPS」が進化(パワーアップ)したらしい。

ServersMan@VPS

ServersMan@VPS

そのパワーアップの1つにはswapが入っているのである。

とにかくServersMan@VPSはワンコインでVPSが使える代物なので、お試しでVPSをやってみたい人にもってこいかも。
それにお試し期間そのものが一カ月もついているし…。

現状、このGeekWindもバックアップ体制が取れていないので、この機会にワンコインVPSでバックアップシステムをおいてもいいかなー、と思ったりしているのである。
まぁ、独自ドメインもまだ余っているので、それを使ってサイトを構築してもいいけどね。

ちょっと検討してみるか。

 

「障害復旧通知」が届く

No Comments

私はさくらのVPSとKDDIのCloud Coreという2つのVPSを使っているが、そのうちの1つ KDDIのCloud Coreから次のようなメールが届いた。

いつも大変お世話になっております。
CPI サーバ保守管理グループです。

お客様にご利用頂いているサーバ ******.****.ne.jp において
外部からの不正なトラフィック流入によるネットワークトラブルが発生し、
仮想サーバー内のサービスをご利用しづらい状態が発生しておりました。
現在は復旧しております。

サーバー名:******.****.ne.jp
ドメイン名:*********
障害発生時刻:2012年04月17日 06時10分頃より
障害復旧時刻:2012年04月17日 06時20分頃まで

お客様におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしましたことを
深くお詫びいたします。

んー?ドメイン名ってあったんだ。
と、今気付いたのだった。

それはともかく、メールの先頭に宛名が入っていたのだが、「山田 太郎 山田 太郎様」と間抜けな状態になっていた。
とりあえず、送信する前に確認すべきかもね。

CloudCore VPSの最初の一歩

No Comments

KDDIのVPSサービスであるCloudCore VPSに申し込んだので、とりあえず設定を行う。
基本的には、さくらのVPS 512と同じように、まずはセキュリティの強化からである。
もちろん、ssh用のポート番号も同様に変更する。

rootのパスワード変更後、通常のユーザアカウントおよびグループを作成。
その後、iptablesの設定である。

ところが、CloudCore VPSにはiptablesがない。
このため、yumによりiptalesをインストール。

# which iptables
iptables: コマンドが見つかりません
# yum install iptables
# vi /etc/sysconfig/iptables

iptablesの設定はさくらのVPS 512で設定したものと同じで設定。
iptablesを適用後、自動起動するようにchkconfigでセット。

# /etc/rc.d/init.d/iptables start
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter                   [  OK  ]
iptables モジュールを取り外し中                            [  OK  ]
iptables ファイアウォールルールを適用中:                   [  OK  ]

# chkconfig iptables on
# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

最終的な設定状況はこんな感じ。

# iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination
RH-Firewall-1-INPUT  all  --  anywhere             anywhere

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination
RH-Firewall-1-INPUT  all  --  anywhere             anywhere

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain RH-Firewall-1-INPUT (2 references)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere
ACCEPT     icmp --  anywhere             anywhere            icmp any
ACCEPT     esp  --  anywhere             anywhere
ACCEPT     ah   --  anywhere             anywhere
ACCEPT     udp  --  anywhere             224.0.0.251         udp dpt:mdns
ACCEPT     udp  --  anywhere             anywhere            udp dpt:ipp
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            tcp dpt:ipp
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere            state RELATED,ESTABLISHED
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:XXXXX
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:http
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:ftp-data
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:ftp
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:https
ACCEPT     tcp  --  anywhere             anywhere            state NEW tcp dpt:mysql
REJECT     all  --  anywhere             anywhere            reject-with icmp-host-prohibited

とりあえずのセキュリティが行えたところで、必要なパッケージをインストール。
インストールしたのは、マニュアル、sudo、gcc-4.6.2、Ruby-1.8.7、RubyGems-1.8.12.

# yum update
# yum install man man-page
# yum install sudo
# yum -y install man man-pages-ja

gcc-4.6.2は以下の手順でインストール。
作業は全てrootで実施。
まずは準備と必要なパッケージをインストール。

# sudo yum install gcc gcc-c++ m4 glibc-devel zip bzip2
# mkdir /tmp/work

続いてgmpのインストール。
gmpってGNU Multiple Precision libraryの略で、任意精度計算ライブラリの一つ。

# cd /tmp/work
# wget ftp://ftp.gmplib.org/pub/gmp-5.0.2/gmp-5.0.2.tar.bz2
# tar jxf gmp-5.0.2.tar.bz2
# cd gmp-5.0.2
# ./configure --prefix=/usr --enable-cxx
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

続いてmpfrのインストール。
mpfrはMultiple. Precision Floating-Point Reliable Libraryの略で、高品質多倍長浮動小数点ライブラリってやつです。

# cd /tmp/work
# wget http://www.mpfr.org/mpfr-current/mpfr-3.1.0.tar.bz2
# tar jxf mpfr-3.1.0.tar.bz2
# cd mpfr-3.1.0
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

さらにmpcのインストール。
mpcはMultiple Precision Complex Libraryの略で、複素数ライブラリです。

# cd /tmp/work
# wget http://www.multiprecision.org/mpc/download/mpc-0.9.tar.gz
# tar zxf mpc-0.9.tar.gz
# cd mpc-0.9
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr --with-mpfr=/usr
# make
# make check
# maek install
# /sbin/ldconfig

そしてgcc-4.6.2のインストール。

# cd /tmp/work
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/gcc/gcc-4.6.2/gcc-4.6.2.tar.bz2
# tar jxf gcc-4.6.2.tar.bz2
# cd gcc-4.6.2
# ./configure --prefix=/usr --with-gmp=/usr --with-mpfr=/usr --with-mpc=/usr --program-suffix=-4.6
# make bootstrap
# make install

make bootstrapはえらく時間がかかる。
実はmakeをやっている最中、作業しているマシンがハングしてしまい、作業がkillされてしまうという事態に陥った。
このため、再度makeする際にはバックグラウンドでmakeすることにした。(笑)

# cd /bin
# mv gcc gcc-...
# ln -s gcc-4.6 gcc

ということで、gccのインストールが終了。
続いて、RubyとRubyGemsのインストール。

# yum install zlib-devel
# cd /tmp/work
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# tar zxf ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p72
# ./configure --prefix=/usr/local/ruby187
# make
# make install
# cd /tmp/work
# wget http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-1.8.12.tgz
# tar zxf rubygems-1.8.12.tgz
# cd rubygems-1.8.12
# /usr/local/ruby187/bin/ruby setup.rb
# gem update --system

さくらのVPS 512で、はまったのが嘘のように、あっさりインストールできた。

Wikipediaのdumpページ復活

No Comments

ちょろっと見たらWikipediaのdumpページが復活していた。

ということで、当初の予定通りWikipediaを使った「何か?」を作ってみようと思う。

ともあれ、Wikipediaのデータがないと話にならないので、早速このGeekWindのMySQLの中にWikipediaのデータを投入する。

と、簡単そうだが、投入するまでには長い道のりがあった。

それについてはシステム管理の方で書くとして、結構やばかったのはディスクが結構厳しくなったことである。

Wikipediaのデータを投入するまでのディスク使用量の変遷を以下に示すとこんな感じ。

 
# ダンプデータダウンロード直後
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             18222732   4076876  13205252  24% /

# 圧縮ファイル解凍直後
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   7972624   9309504  47% /

# xml2sql実行直後
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             18222732  12827100   4455028  75% /

# MySQLにデータ投入直後
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             18222732  13825992   3456136  81% /

# 不要ファイル削除後
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2             18222732   7801192   9480936  46% /
 

思ったよりディスクを喰ったなぁ。

さくらのVPSもServerMan@VPSみたいにディスク容量をプラスできるといいかも。



Blue Taste Theme created by Jabox